長崎県佐世保の弁護士ブログ | 佐世保 長崎県北(平戸市・松浦市)を拠点とする弁護士(松尾茂利法律事務所)です。

松尾茂利法律事務所
故郷、佐世保の皆様に誠心誠意ご奉仕します。

Blog

2014年07月14日 [法律]

ベネッセの個人情報流出について

個人情報保護の専門家と言う人もはっきり言わないことからこういうことを書くことにしました。というのはこういう指揮者でも名簿業者の名簿売買はしょうがないという論調がなぜか多いと思うのです。しかし私は名簿業者も次に言う個人情報取扱業者に当たるはずと思うのです。そうであれば経済産業省か総務省が動くべきと思うのです。ちなみに筆者は佐世保市の個人情報保護条例制定に関わったのですが、名簿業者の取り締まりについては今後のこととして議論しなかったので十分な検討をして述べているわけではありませんのであしからず。個人情報保護法では以下の内容となります。

個人情報取扱事業者の責務

「個人情報取扱事業者」とは、個人情報保護法第2条第3項において、「個人情報データベースなどを事業の用に供している者」と定義されています。また、「個人情報」とは、生存する個人に関する情報のことで、氏名、生年月日などのデータによって特定の個人を識別できる情報を指しています。なお、保有する個人情報の合計件数が5,000件を超えない小規模事業者については、個人情報取扱事業者から除外されています。
そして、 個人情報保護法では、個人情報取扱事業者に対し、以下のことを義務付けています。
@個人情報を取り扱うに当たっては利用目的をできる限り特定し、原則として利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱ってはならない。
A個人情報を取得する場合には、利用目的を通知・公表しなければならない。なお、本人から直接書面で個人情報を取得する場合には、あらかじめ本人に利用目的を明示しなければならない。
B個人データを安全に管理し、従業員や委託先も監督しなければならない。
Cあらかじめ本人の同意を得ずに第三者に個人データを提供してはならない。
D事業者の保有する個人データに関し、本人からの求めがあった場合には、その開示を行わなければならない。
E事業者が保有する個人データの内容が事実でないという理由で本人から個人データの訂正や削除を求められた場合、訂正や削除に応じなければならない。
F個人情報の取扱いに関する苦情を、適切かつ迅速に処理しなければならない。

(国の監督)
主務大臣は、個人情報取扱事業者に対し、個人情報の取扱に関し報告させることができ、また、個人情報取扱事業者が上記の義務に違反している場合などには、当該事業者に対し、必要な措置をとるべきことを命じることができます。主務大臣の命令に違反した場合や、報告義務に違反した場合には、以下の罰則が科せられます。

主務大臣の命令に違反した場合 6ヶ月以下の懲役 又は 30万円以下の罰金
報告義務に違反した場合 30万円以下の罰金

名簿業者は例えば上記Cを守らなければならないはずです。因みにCについては「あらかじめ、本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているときは、前項の規定にかかわらず、当該個人データを第三者に提供することができる。」とありますが、名簿業者がホームページに今載せている状況では本人に対する公表とは言えないと思います。国は監督すべきです。総務省は住民基本台帳については極めて厳格に運用しているのに、名簿業者については野放しです。さすがにおかしいと思います。

いかがでしょうか。この問題についてはまずは名簿業者の主務官庁を定め、その主務官庁がしかるべき行動を取るべきというのが筋だと思います。




PageTop