長崎県佐世保の弁護士ブログ | 佐世保 長崎県北(平戸市・松浦市)を拠点とする弁護士(松尾茂利法律事務所)です。

松尾茂利法律事務所
故郷、佐世保の皆様に誠心誠意ご奉仕します。

Blog

2014年12月05日 [法律]

長崎県不動産鑑定士協会での相続講義

昨日(平成26年12月4日)諫早市で行われた長崎県不動産鑑定士協会主催の講演会において「相続」の講演をさせていただいた。あとでお話しする「紹介者」によると20名〜30名程度の内輪の講演会だから「たいしたことはない」と言うことであった。しかし実際は、全く違っており予定を大きく超える約80名の参加であり、本当に部屋一杯の聴講者であった。しかも専門家ばかりの内輪のものではなく一般市民の方も多く参加されている講演会であった。当初の触れ込みはそういうことだったので私はかなり専門家向けの話を準備していたわけであるが、登壇してからそうでないことに気づき、急遽一般市民向けへと方針を変えることとなった。約1時間お話しをさせていただいた。まあまあ楽しんで聴いていただけたように感じた。話をするのは不得手なのだが、もういい歳なので社会に少しでも還元できればと言う思いでやらせていただいている。少しでお役に立てればそれで満足ということになる。ところでお世話をしていただいた宮崎先生、本当にありがとうございました。
話は変わるが先ほど話した「紹介者」というのはうちの妻である。そういう意味では、当初と話が違う点は、妻に全くはめられたという感じであった。当日は妻の車に乗せられて佐世保から諫早まで護送される感じだった。まるで護送される犯人でした。私がへそを曲げると大変なので妻のサービスはまあまあだった。コーヒー代を積極的に出してくれた。妻もこの講演会の担当らしいのだが結局妻のおこなったことは、私を講師として紹介すること(=売ること)と、護送すること、がすべてということになる。なんと楽な仕事をしているのか。ステージママのようなものである(笑)。最後に諫早の魚荘で鰻を食べさせてもらいました。ご褒美と言うことらしい。鑑定士協会の皆様、今後もよろしくお願い申し上げます。


PageTop